地下鉄延伸工事で大規模陥没 博多

 

 

 

地下鉄延伸工事で大規模陥没 博多

 

 

f:id:z000cc000z:20161108233307j:plain

 

 

 

8日早朝、福岡市博多区のJR博多駅前で市道が陥没した。穴は徐々に広がり、約30メートル四方、深さ約15メートルになった。現場は市営地下鉄延伸の工事現場。市は、掘り進めていた岩盤の上部が少しずつ崩れて水が漏れ出し、急激に陥没したと説明。工事が原因だったとして謝罪した。岩盤が見込みよりもろかった可能性があるとみている。

 

 周辺ではビル10棟に一時避難勧告が出され、駅付近の一部のビルでは終日、停電が続いた。九州運輸局は、市に警告書を出した。8日深夜に市交通局に立ち入り検査し、工事の進め方が適切だったかなどを調べる。

 

 現場は、九州の玄関口であるJR博多駅から西に約200メートルで、オフィスビルやホテル、飲食店が立ち並ぶ。穴には、陥没によって壊れた下水管などから水が激しく流れ込み、市は午前、さらに穴が広がる可能性があるとして、避難勧告を出した。夕方には6棟を解除した。午後1時半からは、セメントを混ぜた土を流し込む埋め戻し作業を始めた。市はライフラインの復旧を急ぐ。

 

 

 市交通局によると、現場は市営地下鉄七隈(ななくま)線延伸工事の「博多駅(仮称)工区」。深さ約25メートルの地中でトンネルを掘削していた。

 

 

 午前4時25分ごろ、掘削した部分の上部の岩盤表面がはがれ落ちている異状に作業員が気づいた。コンクリートで固めようとしたが、午前5時ごろにはトンネルの上部から水が漏れ始め、地中にいた作業員9人が避難した。地上では道路に亀裂が見つかり、付近を通行止めにした直後、市道の両端で陥没が始まり、約2時間後には計5車線の道路いっぱいまで広がった。

 

参照:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161108-00000107-asahi-soci

 

 

THE NORTH FACE(ノースフェイス) LIGHT HEAT JACKET ライトヒートジャケット男性用

 

 

 

community000.hatenablog.com