ワンパンマン まとめ

 

 

ワンパンマン 

 

f:id:z000cc000z:20161106092820j:plain

参照:http://onepunchman-anime.net

 

 

ワンパンマン』は、ONEによる日本の漫画。2009年7月3日からウェブサイト上で連載され、2012年9月2日放送のNHK『ネット発 マンガ革命』によれば、1日2万回閲覧され累計1000万人以上が閲覧したという[1]。
リメイク版(作画:村田雄介)が『となりのヤングジャンプ』(集英社)において2012年6月14日から連載されている(6撃目 - 14撃目のみ閲覧不可)。リメイク版で併記されている英語タイトルは「One-Punch Man」。

 

概要

あらゆる敵をパンチ一発(ワンパン)で倒してしまうヒーロー・サイタマが主人公のギャグ系アクション漫画。話数カウントは「○撃目」。

2011年6月24日までウェブコミック投稿サイトの新都社に登録されていた。現在も作品ページ(ONEのホームページ)は存続しており更新継続中である。
本作は当初、ONEがパソコン用の漫画原稿制作ソフトComicStudioの練習のために執筆したものであった。しかし、読者からの反応が予想より大きかったことを受け、最終話までのプロットを作り、現在はそれに従い制作しているという。
2015年3月12日発売の『週刊ヤングジャンプ』15号にて、テレビアニメ化が発表された。

 

 

あらすじ


話数はONE版準拠。
就職活動に行き詰る青年・サイタマは、ある日街で暴れていた怪人から顎の割れた少年を救う。その際、「ヒーローになりたい」という幼き日の夢を思い出し、就活をやめてヒーローになることを決意。頭髪全てを失うほど懸命なトレーニングを3年間行った結果、どんな敵でも一撃で倒せる最強の力を手に入れる。
しかし、いつも一撃で決着が付いてしまうことから戦いに対する緊張感などを喪失し、ヒーローになった現在でも無気力な日々を送っていた。
進化の家編(7撃目 - 11撃目)
そんな中、サイタマは自身の住むZ市を襲っていた怪人・モスキート娘から彼女と交戦し敗北しそうになっていたサイボーグの青年・ジェノスを助ける。ジェノスはサイタマの強さに魅了され、彼に弟子入りを頼み込む。
生物の改造などを研究し、ゆくゆくは人類を絶滅させて新世界の創造を目論む「進化の家」の首領ジーナス博士は、試作品であるモスキート娘が万全の状態だったにもかかわらず一撃で敗北したことを知り、彼女を倒したサイタマの捕獲を狙う。しかし、捕獲のために送り込んだ改造生物はサイタマとジェノスの手で全滅させられてしまった。
ジーナス博士は、最後の切り札として「進化の家」最強の戦士・阿修羅カブトを解き放つ。サイタマの強さを見込んで勝負を挑む阿修羅カブトだが、いざ彼がサイタマを攻撃しようとすると、本能でサイタマの異常な強さを直感し怖気づく。
サイタマの強さの秘密を聞き出そうとした阿修羅カブトだったが、彼が自身の納得する回答をしなかったことに激怒し、最強の状態である阿修羅モードに変身して抹殺しようとする。しかしスーパーの特売に間に合わないことに絶望したサイタマには敵わず一撃で粉砕され、ジーナス博士は世界の広さを悟って今までの研究を放棄したのだった。
海人族編(24撃目 - 31撃目)
F市で暴れていたテロリスト集団・新都団(村田版では桃源団)の鎮圧に向かったサイタマは、林の中で出会った忍者の里出身の戦士・音速のソニックの話から自身の知名度の無さに気付く。
ジェノスからヒーロー協会という団体の存在を聞いたサイタマは、知名度を上げるべく協会が開催した認定試験をジェノスと共に受験。サイタマは最下位のC級388位、ジェノスは最上位クラスのS級17位という結果で認定試験を合格し、正式にプロヒーローになった。
サイタマがZ市に巨大隕石が衝突する危機を防いでから数日後、J市に海人族と名乗る怪人集団が地上征服を狙って出現。サイタマとA級ヒーロー・スティンガーによって海人族は全滅するが、今度は彼らの長である深海王が現れた。深海王はぷりぷりプリズナーやジェノスなどのS級ヒーローをも一掃し、J市市民を絶望の淵に追い込む。
そんな深海王も、その場に到着したサイタマによって胴体に巨大な風穴を空けられ絶命。民衆は歓喜に包まれるが、その中にいた一人の心無い男が「C級のサイタマに倒されるということは、他のヒーローが単に弱かっただけなのではないか?」と発言。民衆は命を張って深海王に立ち向かったヒーロー達を愚弄する心無い男に怒りを向けながらも、ヒーローの実力に疑念を抱いてしまう。
しかし、その疑念もサイタマが彼らを庇う方便を言ったことで解消され、深海王に立ち向かったヒーロー達はJ市を救った英雄として賞賛されたのであった。
ダークマター編(32撃目 - 41撃目)
サイタマはB級ヒーローに昇格。ある日全S級ヒーローに対して召集がかかり、偶然知り合いのS級ヒーロー・バングの道場を訪れていたサイタマとジェノスもこれに同行し協会本部があるA市へ向かう。
協会本部には、来る気のない6位のボフォイ博士と居場所の分からない1位のブラストを除く全てのS級ヒーローが集められていた。説明役のシッチから大預言者のシババワが「地球がヤバい」と書き遺して死亡したという報せを聞かされ、一同は動揺する。
その最中、宇宙の大盗賊団「ダークマター」の宇宙船によって、ヒーロー協会本部を除きA市は壊滅的な打撃を受ける。それを知ったヒーロー達は大至急野外へと向かい、一方のサイタマは単独で宇宙船に乗り込んだ。地上ではバング、アトミック侍、金属バット、ぷりぷりプリズナーがダークマター最上位戦闘員・メルザルガルドと交戦する。
宇宙船に突入したサイタマは戦闘員達を倒しつつ先へ進み、ついにダークマターの頭領であるボロスと対峙する。宇宙中を荒らしまわった末、自身に反抗する者がいなくなったことに退屈していたボロスは、地球に自身と対等に闘える者がいるという予言をある占い師から聞き、20年という歳月をかけ地球に来た。そして彼はサイタマこそ予言の相手であると確信し、両者の激戦が始まる。
地上のメルザルガルドはその再生力と高い戦闘力でS級4人と渡り合ったが、弱点を見破られ敗れる。一方、上空の宇宙船内ではサイタマとボロスが熱戦を繰り広げていた。ボロスは初めて自身と対等に渡り合える存在に出会えたことを大いに喜び、自身の全力をサイタマにぶつけ、切り札である崩星咆哮砲で星の表面もろとも消し去ろうとする。しかしサイタマも切り札の一つ・マジ殴りを使って崩星咆哮砲を弾き返し、その余波によってボロスは自らの自然治癒能力でも対処しきれないほどの致命傷を負う。そして彼は「お前は強すぎた」という言葉を遺して絶命、サイタマはその場から立ち去っていった。
宇宙船はS級2位タツマキの度重なる攻撃とサイタマとボロスの激闘によって墜落し、生き残りもA級1位アマイマスクに処刑される。壊滅したA市は地図上から姿を消し、ボフォイ博士によってわずか7日間で強化増築された新たなヒーロー協会本部が佇むことになる。

 

参照:https://ja.wikipedia.org/wiki/ワンパンマン#.E6.A6.82.E8.A6.81

 

 

ワンパンマン』主要キャラクター

 

サイタマ(cv. 古川慎

主人公のサイタマは25歳の青年。子供のころの夢を思い出し就活を辞めヒーローになります。3年間トレーニングし一撃のパンチで相手を倒す力を身に着けたが、自分を追い込みすぎて頭髪がすべて抜け落ちる事になります。
ずっと趣味としてヒーローを続けいましたが、「ヒーロー教会」の存在を知りプロヒーローになります。戦うときは赤い手袋とマントのついた黄色のスーツを着ています。
古川慎さんは、1989年9月29日熊本県生まれの男性声優です。『ゴールデンタイム』の多田万里役などを演じています。25歳とまだ若く期待されている声優さんの一人です。

 


ジェノス(cv. 石川界人

クセーノ博士の身体改造手術を受けたサイボーグの青年で年齢は19歳です。15歳の頃に自分の住んでいる街を狂サイボーグによって破壊されてしまい、仇を討つためにクセーノ博士の手術を受け、サイボーグとなりました。サイタマの力に惚れ込み弟子入りする事になります。
石川界人さんは、1993年10月13日東京都生まれの男性声優です。『ハイキュー!!』の影山飛雄役や、『境界のRINNE』の六道りんね役など、新人声優にもかかわらず数々の人気アニメでメインキャラクターを演じている、今注目されている新人声優です。

 


音速のソニック(cv.梶裕貴

25歳の忍者の里出身です。暗殺や用心棒など色々な仕事を受けている、自称「最強の忍者」。サイタマの事を一方的にライバル視している。
梶裕貴さんは、1985年9月3日東京都生まれの男性声優です。『進撃の巨人』のエレン役や、『アルスラーン戦記』のヒルメス役などを演じています。今女性に大人気の声優さんです。

 

ヒーローのキャラクター
ゾンビマン(cv.櫻井孝宏

頭を吹きとばされてもすぐに再生し、体にダメージを受けても回復するという不死身の肉体を持っています。大きいダメージを受けてしまうとしばらくの間は、行動不能となってしまいます。
櫻井孝宏さんは、1974年6月13日愛知県生まれの男性声優です。『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の松雪集(ゆきあつ)役や、『化物語』の忍野メメ役などを演じている、人気の声優です。

 


イケメン仮面アマイマスク


人気が高く芸能活動もしています。略して「アマイマスク」と呼ばれる事が多いです。
宮野真守さんは、1983年6月8日埼玉県生まれの男性声優です。『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000%』の一ノ瀬トキヤ役や、『デュラララ!!』の紀田正臣役など人気アニメのメインキャラクターをたくさん演じてる人気の声優さんです。また、映画の吹き替えでの声優も数々演じています。


無免ライダー(cv.中村悠一

戦闘能力はそんなに高くないのですが、強敵にも構わず立ち向かっていく正義の心の持ち主です。
中村悠一さんは、1980年2月20日埼玉県生まれの男性声優です。『妖狐×僕SS』の御狐神双熾役や、『月刊少女野崎くん』の野崎梅太郎役などを演じています。

 


戦慄のタツマキ(cv.悠木碧

一見小柄な少女に見えますが、実は年齢が28歳です。地獄のフブキのお姉さんで、最強の超能力を持っています。念動力を使って相手の身体をねじり切る様子が旋風に似ているところから「タツマキ」となりました。
悠木碧さんは、1992年3月27日千葉県生まれの女性声優です。『魔法少女まどか☆マギカ』の鹿目まどか役や、『終わりのセラフ』のクルル・ツェペシ役などを演じています。

 

タンクトップマスター(cv.小西克幸

タンクトップを着た多くの舎弟をかかえている、タンクトッパーズのリーダーを務めています。
小西克幸さんは、1973年4月21日和歌山県生まれの男性声優です。『東京喰種トーキョーグール』の亜門鋼太朗役や、『監獄学園』のガクト(諸葛岳人)役などを演じています。その他にも吹き替えとして数々の作品にも出演しています。

 


バング/シルバーファング(cv.山路和弘

普段はいかにも人がいいお爺さんを振舞っており、なるべく相手を殺さないことをモットーとしています。サイタマの実績と実力などを正しく評価している数少ない1人です。
山路和弘さんは、1954年6月4日三重県生まれの男性声優です。『血界戦線』のヤハビオ役などを演じています。山路和弘さんは、吹き替えや、俳優としても数多くの作品に出演しています。

 


キング(cv.安元洋貴

地上最強の男と噂されており、強面で片目に傷跡があります。他のS級ヒーロー達からも一目置かれていますが……。
安元洋貴さんは、1977年3月16日山口県生まれの男性声優です。『東京レイヴンズ』の角行鬼役や、『鬼灯の冷徹』の鬼灯役などを演じています。

 


地獄のフブキ(cv.早見沙織

23歳で戦慄のタツマキの妹です。類稀な超能力を持ってはいるのですが、最強の超能力者のタツマキには勝てず、そのことをコンプレックスとしてかかえています。
早見沙織さんは、1991年5月29日東京都生まれの女性声優です。『神々の悪戯』の草薙結衣役や、『山田くんと7人の魔女』の白石うらら役などを演じている人気の声優さんです。