読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20代結婚願望低下 貧困影響か、、、

結婚願望20代で低下=子供の希望も、、、

 

 

 

 

結婚したい、子供を欲しいと思う20代の割合が大きく低下していることが1日、分かった。

 

 国立青少年教育振興機構が実施した2015年度の調査結果を、08年度調査と比較した。同機構の明石要一青少年教育研究センター長は「経済格差や貧困の問題などが、新しい家族をつくる足を引っ張っているのではないか」と分析している。

 

 今回の調査は15年12月、インターネットを通じて全国の20~30代の男女に実施。4000人の回答を分析した。前回08年度調査は18~29歳の男女2400人が対象だった。

 

 15年度調査で未婚者に結婚願望を聞いたところ、全体では「早くしたい」が16.9%、「したくない」が20.3%だったが、20代は「早くしたい」18.0%(08年度調査20.2%)、「したくない」17.8%(同10.1%)で、「したくない」が急増した。

 

 子供がいない人への質問では、子供を「結婚したらすぐにでも欲しい」が全体で18.2%だった一方、「欲しくない」は24.8%。20代は「すぐにでも欲しい」が16.5%(同17.0%)で微減だったが、「欲しくない」は21.9%(同11.1%)と倍近くになった。

 

 未婚者で交際相手がいる人に結婚しない理由を尋ねると、「とても」と「やや」当てはまると答えた合計割合の多い順に、「経済的に難しい」63.8%、「一人が楽」50.4%、「仕事が忙しい」48.3%だった。 

 

 参照:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161101-00000108-jij-soci

 

 

 

 

 

 

<国立青少年機構調査>人との触れ合い、結婚願望に

 

 

少年期の体験が影響か

 小学校までに友達との遊びや家族行事など人間的な触れ合いを多く経験するほど、大人になってから「結婚したい」「子供が欲しい」と考える傾向がある--。国立青少年教育振興機構が1日公表した若者の結婚や子育て観に関する調査で、こんな結果が出た。

 

 調査は昨年12月、全国の20、30代の男女4000人に実施。小学生までの体験を「自然体験」「動植物との関わり」「友達との遊び」「地域活動」「家族行事」「家事手伝い」--の6種類に分けて点数化し、体験が「多い」「普通」「少ない」の3グループ間で比較した。

 その結果、既婚者(結婚歴がある人も含む)は、体験が「多い」グループが49・5%▽「普通」42・4%▽「少ない」33・4%--と体験が多いほど結婚の割合も高かった。

 

 未婚者に結婚願望を尋ねたところ、体験が「多い」グループの83.3%に結婚願望があり▽「普通」は77.9%▽「少ない」は63.8%--だった。子供についても体験が「多い」グループの75.6%が欲し▽「普通」は69.7%▽「少ない」57.1%--だった。

 

 体験の種別では、「友達との遊び」「家族行事」など人との関わり体験が、結婚や子育て願望に強く影響する傾向があった。青少年教育振興機構は「子供の時に人間的な触れ合いを多く体験した人ほど、大人になっても自然とコミュニケーションが取れるのではないか」と話している。

   参照:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161101-00000077-mai-soci