読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年金受給資格10年 法改正案が衆院委で可決か

年金受給資格10年に 法改正案が衆院委で可決

 

年金受給に必要な保険料納付期間を25年から10年に短縮する「年金機能強化法改正案」が今国会で成立する見通しとなった。


 衆院厚生労働委員会は28日、改正案を採決し、全会一致で可決した。改正案は近く衆院本会議で可決され、参院に送付される。年金は2017年9月分から支給され、最初の受け取りは同年10月になる。

 厚労省によると、来年8月に改正法が施行されると、約40万人が初めて基礎年金(国民年金)を受け取ることができるようになるという。厚生年金も含めると対象者は約64万人になる見込みだ。基礎年金の受給額は、保険料の納付期間が25年で月額4万630円なのに対し、10年だけの場合は同1万6252円となる。

 参照:http://www.yomiuri.co.jp/politics/20161028-OYT1T50055.html

 

年金を納付するメリットについて

 

「年金」と聞くと、老後に受け取る「老齢年金」をイメージする方が多いかもしれませんが、それだけでは無いのです。年金制度には、そのような保険的役割も含まれており、若い年代の人たちにとっても、大切な制度になっています。

その理由として、病気や事故による怪我などで「障害」が残った場合、受け取ることが出来る「障害年金」。また、一家の大黒柱が亡くなった時に家族が受け取る「遺族年金」もこの年金に含まれているためです。

参照:https://upin.jp/2868

 

 

 

 

 

community000.hatenablog.com

 

 

community000.hatenablog.com